地元の根強いファンは銀行の宝物

もみじ銀行はどのような銀行なの?

もみじ銀行について

近年、トマト銀行(岡山県)やきらやか銀行(山形県)など珍しい名称の銀行が増えていますが、「もみじ銀行」をご存知でしょうか。もみじ銀行は広島県の第二地方銀行です。もみじが広島県の県木であることから、広島県を代表する銀行の象徴として付けられました。1923年(大正12年)創立の広島総合銀行と、1941年(昭和16年)に創立されたせとうち銀行が経営統合し、2004年(平成16年)に合併してできた銀行がもみじ銀行です。その際、もみじ銀行が子会社になるような形で、もみじホールディングスという金融持株会社も設立されました。【http://www.wood.co.jp/mame/kennoki/

しかし、その後はなかなか経営が上手くいかず、2006年(平成18年)に山口銀行などを関連会社に持つ山口ファイナンシャルグループの子会社になりました。山口ファイナンシャルグループは、現在国内で第6位の実力を持つ地方金融グループであり、その影響もあってか、もみじ銀行は広島県内で広島銀行に次ぐ規模の銀行に成長しています。もちろん、親会社の力だけでなく、もみじ銀行自身もお客様が利用したくなるような銀行づくりを心掛けています。

もみじ銀行では、支店での丁寧な営業、オリジナル金融商品の販売、定期預金金利の上乗せやATM手数料の割引といった特典の付くサービスを提供して顧客を増やしています。また、支店のある場所は広島支店や広島中央支店のように人通りの多い場所であったり、緑井支店のように住宅街であったりと様々ですが、いつも気軽に利用できる場所にあります。もみじ銀行宇品支店周辺は、主要道路があり商業施設や病院なども充実していて便利です。

ところで、広島県にはプロ野球球団の広島東洋カープがあり、多くの地元の人々から支持されていますよね。選手のことを、カープにちなんで「鯉人(こいびと)」と呼ぶファンもいるほどで、広島県を盛り上げる大きな存在です。もみじ銀行でも、広島東洋カープのデザインを使用した通帳やキャッシュカードなどを扱って広島東洋カープを応援しています。ファンはもちろん、ファンで無い人も持つだけで気持ちが高まるデザインになっています。それから、もみじ銀行CMにも広島東洋カープの選手を起用していて、その動画はホームページで見ることができます。ぜひ、検索してみて下さい。【http://www.shop.carp.co.jp/

This template made by
素材屋HP素材のおすそわけ。